ともはの日々のあれこれ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年10月10日 (日) | Edit |
お仕事、はじめました。

・・・と言っても8月からスタートしたので
「始めました」じゃなくて「はじめています」になるのかな。


我が家は子無し、夫二人での生活(時間だけは余裕がある)
金銭面だって有り余るわけでもない、いわば中の下の生活レベル。
夫としては、お金も入り、家の中にいないで社会にでて
違う空気を吸うのをとても推奨している。

「自分で稼げば、自分のためにお金つかっても
申し訳なく感じなくなるでしょ。」・・と夫

(別にそう思ってないけどなぁ・・・)と私。

そんな夫の(強い)勧めもあり、
いろいろな人と接することができそうな「お勤め」も
確かに(自分に甘く、独りでいるとダラダラしちゃう)トモハには
いいことなのかもなぁ・・という思いも芽生え、
(ダラダラと)仕事探しをしておりました。


が!!


高年齢・低学歴・低職歴・ブランクありのトモハに
条件があう仕事がなかなか見つからず・・・
だらだら、だらだら、と、日がすぎてしまい・・・
(まぁ、本気で探してないのもあったけど(笑))


そんな姿を見ていた友達が
「取り合えず、派遣会社とかに登録すれば?」と・・・・


ふーん、そうか・・そうだね、登録だけでもしてみようかな・・・
(ダラダラ・・←やる気なし)


・・で、結局、派遣会社さんのお力の元、決まりました☆


「えー!!これから毎日朝から晩まで外出しないといけないの?
朝、眠ーい!!」



という、気持ちと


「私ごときにお仕事が頂けるなんて、なんて素晴らしい!
新しい生活が始まりそうで、少しは人間らしい(?)生活になりそう!ワクワク」


という気持ちのはざまで、お仕事スタート。


仕事内容は、さすがブランクありの私に話がくるだけあって、
慣れればOKな感じ。
職場の人もとても良い人たち。
登録した派遣会社の人たちも、とてもきめ細かい配慮をしてくれるし、
かなり満足。

法律か何かで3年経ったらこの職場はやめなければいけないらしいけど、
3年経つまで何かしら自分の生活も変わるかもしれないし、
とりあえず「3年先」より「今」が大事(笑)


ただ・・・久々の電車通勤。
案外、疲れるね(あは)

仕事を辞める前までは毎日やっていたことが苦になるなんて思わなかったよ。
我が家はアンヘルのお散歩やご飯のお世話もあるから
チョットだけ早起きすることもあるけど、
やはり朝が弱いゆえ、最初は仕事から戻ると
家のことが何も出来ない・・・
いかに今まで自分がだらけていた生活をしたのか
思い知らされる。


今でもやっぱり、朝から晩までバタバタやってしまうけど、
ずいぶん慣れたかな。


とりあえず、3年!がんばろうっと。

その間、アンヘルはお家で1日中ケージの中でお留守番。
可哀想だけど、留守中部屋に放すほど彼は出来た犬ではないし
(私たちのしつけの問題)我慢してもらうことに。

3年間、トモハも通勤頑張る(?)から、
アンヘルもお留守番頑張ってね。
angel7月8日







スポンサーサイト

2010年05月17日 (月) | Edit |
・・・とうとうこの日がやってきてしまいました(涙)


前にも書いたけど、
友達の紹介で、某不動産会社の事務の短期バイトを
2月中旬から春まで・・という約束でしておりました。
支店ゆえ、営業員4名+事務(トモハ)だけの
こじんまりしたお店で、
みなさんの人柄もあって、とても居心地の良い
笑いの絶えないバイトで、
「仕事に行くって言うよりも営業員のお兄ちゃん達に
かまってもらいに行っていた」ような勤務先だった。
職場

「短期バイト」と最初言われていたけど、
「もしかしたら長期で雇ってくれるかも」という
お話もあったりしたけど、
結局、それはあくまで噂で、
結局最初のお話し通り「春まで」のバイトとなった。

ということで、4月末日、晴れて某バイトを卒業となった。


お仕事最後の日は、いつもは本店にいらっしゃる
社長と専務がわざわざご挨拶に来てくださって、
「たかがバイト」のトモハに大きな花束まで
用意してくださった。
お花
(この支店の営業員さんもいい人だけど、
社長・専務自体がとてもいい人たちだったなぁ)
いつも一緒に働いていた営業員さん4人からも
素敵なスィーツをいただいたり・・・
なんだか最後まで至れりつくせりの日々でした。
感謝感謝でした。



店長!いつもきめ細かい配慮ありがとうでした!

SUさん!お国ネタと奥さんネタを聞くのがいつも楽しかったです♪

Nさん!下ネタを言い合うのも楽しかったわ。しょっちゅう毒舌でいじめてごめんなさいね(笑)

Sさん!一番年下のアナタにたまにイジラれるのは楽しかったです☆



・・と、本人たちがこのブログを読んでいるかは謎だけど、
とりあえずお礼の言葉を。




さてと、次はどんな仕事に就けるかな・・・。
とりあえず、ブランクありの私が久々のお仕事・・・
よいリハビリになりました!





2010年03月07日 (日) | Edit |
先日、髪を切りました。

一応髪を伸ばしているつもりなので、
数カ月ぶりの美容院。
髪を伸ばすためのメンテナンスとしての美容院でした。

だから・・・みた目、たぶん誰にもわからないはず。
ダンナだって気付かなかった・・・。


なのに・・
その次の日・・。

バイト先の営業員さん(26才男性)が
「髪切りましたねぇ」とな(驚)


・・・ストレートロングの髪の毛を
たったの10センチくらいしか切ってないんですけど・・。

かなりびっくり。



その方いわく・・・

「女性の変化があったら、普通すぐわかります」(普通か?それ・・・)
「一度会ったお客さんの顔は忘れません」(さすが営業)

そういえば、トモハがアイシャドーをグレイからブルーに変えた日、
別な営業員さん(30才男性)がそれを指摘してくれた。

買ったばかりのストールをつけていったら、
「綺麗な色ですね」とほめてくれた・・・。


・・・皆、20代~30代前半のお兄ちゃんたちだぞ。。。
男性陣ってそんなに気がつくものなの?

少なくても今までトモハが勤めたことがある職場の男性陣は
そんなほめ言葉を一度も口にしたことがない・・・
ダンナもきっと気がつくことは無いと思う(そんな細かいこと)



す・・すごすぎる・・・・と思う。
「営業」だから?


う・・嬉しいけど、気をつけなきゃと、ちょっと緊張(汗)



とりあえず、ズボラなトモハですが、
可能な限り、身だしなみ気をつけようと思います(汗)

でも、彼らからしたら、すでに「おばちゃん」の私・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。